George Benson : ジョージ・ベンソン

ジョージ・ベンソン(George Benson, 1943年3月22日-)はアメリカペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズ・フュージョンを中心に活動しているギタリストで歌手。

初期はウェス・モンゴメリー系のストレート・アヘッドなジャズを演奏していたが、1970年代以降はフュージョン系のアーティストに転じる。1976年にワーナー・ブラザーズ・レコードに移籍、この年に発表した「Breezin’」 はプロデューサー、トミー・リピューマを迎えており、タイトル曲は彼の代表作となるほどにヒットした。

このアルバムに収録された”This Masquerade”で、ヴォーカリストとしても注目され、以後ヴォーカル曲も積極的に取り入れていく。アルバム20/20(1984)やIrreplaceable(2004)等歌手に特化したアルバムも出している。
1980年代にはブラック・コンテンポラリーの旗手の一人としても認知され、ジャズ・フュージョンを母体としつつも、より商業的な音楽世界に積極的にアプローチしてゆく姿勢も窺えた。

George Benson : ジョージ・ベンソンのおすすめのアルバム

・ Shape of Things to Come 1968
・ The other side of Abbey Road 1969 –
・ Beyond the Blue Horizon 1971 recorded at Van Gelder Studios (NL)・
・ Breezin’ 1976
・ Give Me the Night 1980 –

  • コメント: 0

関連記事

  1. 100JazzGuitar.com

  2. Kenny Burrell : ケニー・バレル

  3. Pat Metheny : パット・メセニー

  4. John McLaughlin : ジョン・マクラフリン

  5. Al Di Meola : アル・ディ・メオラ

  6. Jim Hall : ジム・ホール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。